家

収益物件は賢く活用|不動産ビジネスのチャンスを逃さない選択

収益の出るマンション経営

一軒家

収益を増やすための方法

不動産投資をする場合、最も人気があるのはマンション経営です。マンション経営にも一棟丸ごと投資とワンルームマンションなどの区分投資があります。土地を所有していたり、マンション建設資金がある場合は一棟丸ごと投資が適していますが、サラリーマンのように手持ち資金が少ない場合は区分投資が適しています。どちらの投資法にしても、重要なのは収益物件を手に入れることです。収益物件というのは毎月一定の収入を上げることのできる物件のことです。この場合注意が必要なのは、一棟丸ごとにしろワンルームにしろ、物件の購入価格が高すぎると収益分が減ってしまうというです。投資で設ける基本は安く買って高く売ることですが、マンション投資にもこれが当てはまります。

築10年前後の物件を狙う

安く買って高く売るという投資の基本を守るとすると、マンション投資の場合は中古物件も視野に入ってきます。中古物件の特徴は新築よりも安く購入できるという点です。中古の収益物件を購入できれば、収益率が良くなります。中古の収益物件を探す条件としては、築10年前後の物件を探すことです。これ以上古いと入居者が離れていく可能性が高いですし、これ以上新しいと購入価格が高くなります。またこの築年数のマンションなら、大規模な修繕を行わなくて済みますので、余計な経費がかからないというメリットがあります。またあまり築年数が古い物件は、ローンが組めない恐れもあります。中古物件には以上のような特徴がありますが、立地の良い中古なら収益物件の見込みがあります。

Copyright © 2016 収益物件は賢く活用|不動産ビジネスのチャンスを逃さない選択 All Rights Reserved.