家

収益物件は賢く活用|不動産ビジネスのチャンスを逃さない選択

ヤドカリ投資のポイント

財布とお金

賃貸している物件に住む

不動産投資の方法のひとつにヤドカリ投資があります。まず現在賃貸中の収益物件を購入し、住人が退去したら自分が住みます。賃貸中の収益物件は、普通の中古住宅よりも安価で購入できます。ただし正当な理由がなければ、住人に立ち退いてもらうことができないので注意が必要です。「自分が住む」というのは正当な理由にはなりません。交渉次第で、立ち退き料を支払って退去してもらうことは可能です。次に別の収益物件を購入し、自分はそちらへ移り住んで、それまで住んでいた住宅を賃貸に出します。そうすれば自己所有の物件に住みながら家賃収入が得られます。これを繰り返して、次々に新しい収益物件に住み替えながら、少しずつ資産を増やしていく方法です。

好条件の空き家を見つける

現在市街地では空き家の増加が問題になっています。今後も少子高齢化の進展により、空き家が増えていくと予想されます。最初から自分が住まないアパートや賃貸マンションを購入すると、常に空室リスクがつきまといます。一度に大きな投資をしてしまうと、思うように家賃収入が上がらないとき、融資の返済が困難になることもあります。その結果として手放すことを余儀なくされた収益物件は、ヤドカリ投資の良い材料になると考えられます。もちろんヤドカリ投資でも、借り手の付かない物件を安易に購入すればリスクを抱えることになります。物件を見る目を養いつつ、長い期間を視野に入れて事業を拡大するのが、ヤドカリ投資のポイントになります。

Copyright © 2016 収益物件は賢く活用|不動産ビジネスのチャンスを逃さない選択 All Rights Reserved.