家

収益物件は賢く活用|不動産ビジネスのチャンスを逃さない選択

住宅ローンでアパート購入

住宅案内

合法的に物件を購入する

住宅ローンは原則として、自分が居住する家を購入するための資金にしか使えません。したがって住宅ローンで収益物件を購入し、他人に賃貸することは、本来は詐欺罪になります。もしバレたらローンの即時一括返済を求められたり、金利の高い事業性ローンに切り替えられたりすることがあります。しかし現実には転勤などで、買ったばかりの家を賃貸せざるを得ない場合もあります。そんなときまで厳密にルールが適用されることはないのが普通です。今後とも各金融機関の間で、少しでも貸出を増やそうと競争が激しくなることが予想されます。あからさまに収益物件を購入するのは違法ですが、担当者との交渉次第で違反にならない方法を採ることは可能と考えられます。

低利子で返済期間も長い

一般に収益物件の購入には事業性ローンを利用する必要があります。しかし住宅ローンを使えば、事業性ローンよりも低い金利でお金を借りることができます。さらに返済期間が長く、事業性ローンの10〜20年に比べて、最長35年で返せばよくなります。元手が不要で高額の資金を借りられるわけですから、収益物件の経営を始めるには大きなメリットになります。ただし先述のように、はじめから自分で住む気のない物件を、金融機関を騙して住宅ローンで購入すれば、後でペナルティを受けることになります。銀行の調査能力を甘く見てはいけません。利用したいならコンサルタントとも相談して、銀行の承認する範囲内で資金を調達する必要があります。

Copyright © 2016 収益物件は賢く活用|不動産ビジネスのチャンスを逃さない選択 All Rights Reserved.